MENU

【ただの偏見?】カーリースは貧乏人が使うものだと言われる理由と本当の活用方法を解説

カーリースは貧乏人?偏見です。

「カーリースはどうして貧乏人が使うものだと言われているの?」

「カーリースは本当に貧乏人向けのサービスなの?」

このように、「カーリースは貧乏人が使うものだ。」と言われて躊躇している方、ご安心ください。

結論、カーリースは貧乏人が使うものではありません。

カーリースは貧乏人が使うものだと言われる理由
  • 月々安く使えるから
  • 貯金がなくても利用できる
  • ローンが通らなくても利用可能
  • 車の所有者が自分じゃない

この理由のほとんどは、偏見です。

また、以下の表はサービスごとの特徴をまとめたものです。

スクロールできます
比較項目MOTAカーリースピタクルカルモくんリースナブル
おすすめ度
契約年数7年・9年・11年5年・7年・9年1年〜11年3年・5年・9年
車が貰える貰える9年契約だと貰える7年以上契約+500円のもらえるオプション加入の場合買取のみ
契約満了時の選択肢貰う・返却・乗換え延長・買取・返却・乗換え延長・返却・乗換え延長・買取・返却
月間走行距離制限なし500km/1,000km/1,500kmから選択7年以上利用の場合は無制限
7年未満の契約は1,500km
750km
車両メンテナンス・契約期間内の車検が無料
・エンジンオイル6ヶ月ごと無料
・オイルエレメント1年ごと無料
有料プランに加入必要有料プランに加入必要有料プランに加入必要
途中解約いかなる理由でも不可ライフステージの変化・怪我・病気の時に可能ライフステージの変化・怪我・病気の時に可能乗換え・買取は違約金なしで可能
特徴契約満了後、必ず車が貰えます。

また、メンテナンスの追加料金がなく、契約期間中は、充実したサポートを受けられます。

しかし、途中解約には厳しいです。
「結婚や引っ越し・怪我や病気」などの状況で車が不要になったり、車を乗り換える必要がある場合、違約金が不要となります。

1年単位で契約期間を決められるため、短期間で車を乗り換えたい方におすすめです。

契約期間中でも、違約金なしで車を乗り換えられるため、「そのうち家族が増えるかも」のように、今後の計画が立てづらい方におすすめです。

特におすすめなのが、メンテナンスなどのサポートが充実している「MOTAカーリース」です。

最低7年の契約となるので、その期間中は解約や乗り換えができませんが、イレギュラーな追加費用が基本的に不要なところがおすすめポイントです。

また、これから結婚や引っ越し・家族が増えるなど、ライフステージが変化していきそうな方には、ピタクルがおすすめです。

柔軟に車を乗り換えられたり、契約満了後の選択肢が多いところがおすすめポイントです。

カーリースのメリット
  • 新車をお得に乗り換えられる
  • 計画的に使えばかなり便利
  • 家計の計画が立てやすい
  • 満了後の選択肢が選べる

カーリースは、概要を把握して計画的に利用すれば、かなりお得に利用できます。

当記事でカーリースの特徴を知って、お得な自動車ライフを送れると幸いです。

目次

カーリースで貧乏人扱いする人にだけは教えたくない本当に良いところ

カーリースで貧乏人扱いする人にだけは教えたくない本当に良いところ

カーリースは、概要やデメリットを理解して上手く使えれば、本当に良いサービスです。

理由としては、以下の4つがあります。

  • 新車をお得に乗り換えられる
  • 計画的に使えばかなり便利
  • 家計の計画が立てやすい
  • 満了後の選択肢が選べる

詳しく解説していきます。

新車をお得に乗り換えられる

カーリースには、契約期間を1年単位で選択できるサービスもあります。

そのため、

2年ごとに新車を乗り換えたい。

という方にとっては、毎回新車を買うよりもお得に乗り換えられるのでおすすめです。

興味がある方は、「乗りたい車があるか」「どのくらいの価格で乗れるのか」を確認すべきなので、一度問い合わせしてみましょう。

計画的に使えばかなり便利

カーリースは、計画的に契約期間を設定することで、ライフスタイルに合わせて車を買い替えられます。

例えば、5年後に子供を産む計画を立てている場合は、とりあえず5年間は金額の安い軽自動車で契約して、5年後にファミリーカーに乗り換えよう。

という場合、5年後には新車のファミリーカーに乗り換えられるのです。

そのため、しっかり計画を立てて利用することをおすすめします。

家計の計画が立てやすい

カーリースの料金は、基本的に定額です。

料金の中に車検の費用やオイル交換・自動車税などが含まれるコミコミのサービスもあるので、イレギュラーな支払いを気にしなくても良くなります。

そのため、予算や計画を立てるのがとても楽になるところが嬉しいポイントです。


「家計管理が苦手だ。」という方には、特におすすめです。

満了後の選択肢が選べる

カーリースは、サービスにもよりますが、契約完了後に以下のような選択肢があります。

  • そのまま貰える
  • 買い取る
  • 返却する
  • 延長する

「そのまま貰える」を選択したい場合は、7年以上の契約が必要など条件があります。

また、5年契約などで条件に当てはまらなかった場合は、車の残価を支払うことで車をそのまま買い取れます。

車が要らなくなれば返却すれば良いですし、買い取る余裕がない場合は延長すれば良いので、その時の状況に合わせて選べるのは嬉しいポイントです。

注意点としては、途中解約をできないサービスもあるので、契約年数を決めるときは、数年先まで見据えて考えるようにしましょう。

カーリースを使うと貧乏人だと言われる理由4選

カーリースを使うと貧乏人だと言われる理由4選

カーリースで貧乏人だと言われる理由は、以下の4つです。

  • 月々安く使えるから
  • 貯金がなくても利用できる
  • ローンが通らなくても利用可能
  • 車の所有者が自分じゃない

詳しく解説していきます。

月々安く使えるから

カーリースの広告では、「本当にこの金額で使えるの?」と思うくらい安い金額が記載されていますよね。

人は、安いことに対して不信感を覚えるため、「騙されている」という偏見を持ってしまいます。

そのため、内容もよく知らないのに「騙されて安い金額に飛びつく人は貧乏人だ。」という考えに至るのです。

貯金がなくても利用できる

カーリースでは、車検代や自動車税などの料金がコミコミで毎月定額のプランが多いため、イレギュラーな支払いが発生しない状況をつくれます。

そのため、毎月の支払いさえできていれば、貯金がなくても利用できるのです。

「貯金がなくても利用できる」という部分は本来メリットですが、人によっては、

カーリースは、貯蓄が無い貧乏人が使うもの。

と解釈する人もいるのも現実です。

ローンが通らなくても利用可能

カーリースは、自分でローンを通すわけではないため、「いつもローンの審査に落ちるから車を買えない。」と悩んでいる方の強い味方となってくれます。

カーリースを利用する場合も審査はありますが、自動車ローンよりは通りやすいと言われています。

そのため、

カーリースは、審査がゆるいから貧乏人が使うものだ。

と言われているのです。

車の所有者が自分じゃない

カーリースを契約した場合、車の所有者は自分ではなくリース会社です。

車は資産として考えられることが多いですが、カーリースの車はあくまで借りているものなので、

「持っている資産が少ない」という目で見てくる人がいます。

このような人は、カーリースは貧乏人が使うものだと言ってきます。

そんな人の時間と労力の無駄なので、相手にしないようにしましょう。

カーリースを本当の貧乏人が滞納した時の危険性

もし、本当の貧乏人がカーリースを利用して滞納してしまった場合、以下のような危険性があります。

  • 督促がくる
  • 法的措置をとられる
  • 信用情報への影響

このような危険性があるため、本当の貧乏人はカーリースを利用するべきではありません。

詳しく解説していきます。

督促がくる

カーリースを滞納した場合、リース会社から支払いの督促状が届きます。

督促状には、「法的措置をとります。」のように、このまま支払わなかった場合にどうなるかが記載されています。

そこから慌てて支払いをすることになって、それが癖になってしまうと毎月支払いに追われて疲れていってしまうのです。

毎月の支払いの管理ができない方は、カーリースが向いていません。

法的措置をとられる

督促状が届いて、支払わない状況が続くと、給料などが差し押さえされます。

差し押さえされてしまうと、口座からお金が引き出せなくなったり、家具や家電が売却されるなど、生活にかなりの支障が出てきてしまうのです。

信用情報への影響

支払いが滞ってしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。

この信用情報は、車のローンや住宅ローン、スマホの分割など様々なところに響いてしまい、審査に落ちやすくなってしまいます。

分割が組めなければ一括で支払うしか方法がないため、そのために借金してしまう人だって居ます。

さらに貧乏な方向へ進んでしまうため、カーリースの滞納はかなり怖いです。

カーリースで間違えると貧乏人への道を辿ってしまう注意点

カーリースで間違えると貧乏人への道を辿ってしまう注意点

カーリースでは、間違えてしまうと、貧乏人への道を辿ってしまう注意すべき点が3つあります。

  • 違約金が高額になる可能性がある
  • 表示価格の罠に引っかかった
  • 計画性なしに契約してしまった

カーリースをお考えの方は、この注意点をしっかり理解したうえで契約するようにしましょう。

詳しく解説していきます。

違約金が高額になる可能性がある

カーリースは基本的に契約期間内での解約はできません。

そのため、

あの車に乗り換えたいな。

もう車いらなくなったな。

と契約期間中に思って解約してしまうと、多額の違約金が発生する場合があります。

この違約金は、契約満了までの月額料金の合計金額を請求される場合もあるので、残りの契約期間数が長いほど高額となってしまいます。

高額な違約金を払ってでも車を乗り換えたい!という方は、その一回で貯蓄の大半を使ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

表示価格の罠に引っかかった

カーリースで車やプランを選ぶ時に、

この車に月額この金額で乗れるの!?

と驚く方もいらっしゃいますが、小さい文字でボーナス払いと書かれていたり、契約年数が11年と長い期間で記載されていることがあります。

万が一ボーナスが無くなってしまったら「支払いができずに滞ってしまう」可能性や契約年数が長すぎて「車を乗り換えたくても乗り換えられない」という状況に陥ってしまいます。

このような状況に陥らないようにするためにも、安い金額に飛びつかず、その内訳まで詳しく見てから選択するようにしましょう。

計画性なしに契約してしまった

カーリースは、基本的に契約期間中の途中解約ができないため、計画性を持って契約しなければ大きな足かせになってしまいます。

例えば、結婚して子供が生まれたタイミングでカーリースを11年契約したとします。

子供は元々3人欲しいと思っていたが、契約する当時は子供が1人しか居なかったため、4人乗りの軽自動車で契約しました。

この例の場合だと、子供が3人まで増えて、チャイルドシートやジュニアシートが必要になると、家族全員で車に乗れません。

このタイミングで車の乗換えを考える方もいらっしゃいますが、カーリースで契約途中の場合は乗り換えられません。

どうしようもない場合は、違約金を支払ってでも乗り換える必要があるので、注意しましょう。

カーリースは貧乏人だけが使うと思ったら大間違い!

カーリースは貧乏人だけが使うと思ったら大間違い!
スクロールできます
比較項目MOTAカーリースピタクルカルモくんリースナブル
おすすめ度
契約年数7年・9年・11年5年・7年・9年1年〜11年3年・5年・9年
車が貰える貰える9年契約だと貰える7年以上契約+500円のもらえるオプション加入の場合買取のみ
契約満了時の選択肢貰う・返却・乗換え延長・買取・返却・乗換え延長・返却・乗換え延長・買取・返却
月間走行距離制限なし500km/1,000km/1,500kmから選択7年以上利用の場合は無制限
7年未満の契約は1,500km
750km
車両メンテナンス・契約期間内の車検が無料
・エンジンオイル6ヶ月ごと無料
・オイルエレメント1年ごと無料
有料プランに加入必要有料プランに加入必要有料プランに加入必要
途中解約いかなる理由でも不可ライフステージの変化・怪我・病気の時に可能ライフステージの変化・怪我・病気の時に可能乗換え・買取は違約金なしで可能
特徴契約満了後、必ず車が貰えます。

また、メンテナンスの追加料金がなく、契約期間中は、充実したサポートを受けられます。

しかし、途中解約には厳しいです。
「結婚や引っ越し・怪我や病気」などの状況で車が不要になったり、車を乗り換える必要がある場合、違約金が不要となります。

1年単位で契約期間を決められるため、短期間で車を乗り換えたい方におすすめです。

契約期間中でも、違約金なしで車を乗り換えられるため、「そのうち家族が増えるかも」のように、今後の計画が立てづらい方におすすめです。

カーリースは、以下に当てはまる方が活用することで、大きなメリットがあります。

  • 短期間で車を乗り換えたい方
  • 家計管理が苦手な方
  • 3年後など短期で家族構成が変わりそうな方

カーリースを利用するには、一度審査があります。

ただ、審査は無料で契約するかしないかは、審査が通った後に決めることになります。

「カーリースを活用したいな。」と少しでも思っている方は、ぜひ一度審査に掛けてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次