MENU
もくじ

【恐怖】車買取で詐欺に遭った人の体験談!業者とのトラブルを避けるシンプルな対策

車買取のトラブル避ける為の対策

この記事にはプロモーションが含まれています。

「車買取の詐欺に遭わないためにはどうすればいいかな?」

「車買取の詐欺に遭ったかもしれなくて不安。」

車は高価なものであるため、詐欺に遭ってしまった時の被害が大きいです。

当記事では、車取引で詐欺に遭わないためにやるべきシンプルな対策や詐欺の事例などを解説していきます。

結論、車買取で詐欺に遭わない対策として有効なのが、「一括査定サイトMOTAを通して買取業者を探す」です。

MOTAでは、以下のような規約が設けられています。

ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止(第6条2項&3項)
詳細:売買契約後であっても車両引き取り日の翌日まではユーザー(売主)の希望があれば売買契約の解除を行うことができる。また売買契約の解除に伴い、買取店(買主)はユーザーにキャンセル料等の請求は出来ないものとする。

MOTA利用規約改定箇所

車買取で詐欺に遭ったと感じた時に、キャンセルしようとすると、高額のキャンセル料金を請求されて泣き寝入りするケースがあります。

だからこそ、「引き渡し日の翌日までは違約金なしでキャンセルできる」という規約のように、ユーザーを守ってくれる仕組みが確立されているMOTAの利用が安心だといえます。

査定も無料でできるので、「安心して車買取の取引がしたい!」という方は、MOTAで査定してもらいましょう。

この記事を読んだことで、「安心して車取引ができた!」という方がいらっしゃれば幸いです。

目次

車買取で詐欺に遭わないためのシンプルな対策とは?

車買取で詐欺に遭わないためのシンプルな対策とは?

車買取で詐欺に遭わないためのシンプルな対策は、一括査定サイトMOTAを通して買取業者を探す」です。

根拠は、MOTAで定められている以下の規約です。

ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止(第6条2項&3項)
詳細:売買契約後であっても車両引き取り日の翌日まではユーザー(売主)の希望があれば売買契約の解除を行うことができる。また売買契約の解除に伴い、買取店(買主)はユーザーにキャンセル料等の請求は出来ないものとする。

MOTA利用規約改定箇所

車買取で詐欺だと感じ、キャンセルを申し出ると、高額な違約金を請求されて泣き寝入りするケースがあります。

しかし、MOTAでは引き渡し翌日まではこの規約に守ってもらえるため、安心です。

MOTAというサービスを初めて聞いた方もいらっしゃると思いますので、ここからは概要などをご紹介していきます。

MOTAのサービス概要

MOTA公式サイトトップページ

MOTAとは、複数の車買取業者の中から、愛車を一番高く買い取ってくれる買取業者を探せるサービスです。

MOTAには、以下のような特徴があります。

  • 規約によってユーザーを守ってくれている
  • 最大でも査定額上位3社のみからしか電話がこない
  • 最大で20社が査定額を競い合うから査定額が高くなる

一括査定サイトといえば、「不特定多数の買取業者から電話がきてしまう」というイメージがある方も多いと思いますが、MOTAでは、電話がくるのが最大でも査定額上位3社のみという制限があります。

不特定多数の買取業者からの着信を避けられるのが嬉しいポイントです。

また、最大で20社が査定額を競い合う仕組みがあるため、自然と査定額が高くなるというメリットもあります。

このように、MOTAは安心して利用できる要素と「愛車を高く売る」という本来の目的も達成できるので、車取引に不安を感じている方には最適なサービスです。

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※複数の電話番号を利用している買取業者もあります。

また、下記の記事では、MOTAのデメリットについても解説していますので、気になる方はご覧ください。

MOTA以外のサービスとの比較

一括査定サイトは、MOTA以外にも複数あります。

以下の表は、一括査定サイトのデメリットを比較したものです。

スクロールできます
項目MOTAカーセンサーCTN車一括査定カービュー
電話がしつこい最大でも3社のみ電話が多い3社のみ電話が多い
ビッグモーターが入札してきた提携提携提携なし提携
キャンセル料がかかった引き渡し日翌日まで無料買取業者による買取業者による買取業者による
見積もり業者が少なかった約900社1,000店以上約600店舗300店以上
ポイント・電話がくるのは3社のみ
・キャンセルリスクが低くて安心
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる・電話がくるのは3社のみ
・独自の審査を通過した安心の買取業者
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※複数の電話番号を利用している買取業者もあります。

トラブルに遭ったときのキャンセルリスクとしては、MOTAが一番低くて安心です。

ただ、他の一括査定サイトにも良さはありますので、「MOTAが一番安心できる」ことを踏まえたうえで、良いな!と思えるサービスがあれば、そちらをご利用ください。

気をつけるべき!車買取での詐欺の手口5選

車買取での詐欺の手口は、主に以下の5つがあります。

  • 売買契約後に減額される
  • 最初の見積もりとの差が大きすぎる
  • 手数料が引かれている
  • 車を引き取られたのに入金されない
  • 虚偽の説明をして売買契約させる

それぞれ解説していきます。

売買契約後に減額される

「売買契約後に減額してくる」という手口があります。

このような悪徳な買取業者には、「他の買取業者にとられないように高い査定額を伝えて後から減額する」という思惑があります。

また、売買契約書の内容は、買取業者に有利になるように作られていることが多いため、この減額が原因でキャンセルする旨を伝えると違約金を請求されることもあるのです。

MOTAを通して査定することで、規約がこのようなケースから守ってくれる可能性があるため、安心です。

最初の見積もりとの差が大きすぎる

「最初に敢えて大きな金額を伝えて、ほかの買取業者を断らせる」という手口もあります。

この手口を使う悪徳業者は、そもそも最初の見積もり金額で買取するつもりはありません。

他の買取業者が査定しないのをいいことに、買取希望金額を聞き出して、何かしらの理由をつけて買取金額をギリギリまで下げようとしてきます。

売却した後に気づいたけど、相場よりも安く買取されたことに気づいた。

と後悔するケースもあります。

他の買取業者での査定を断らせるような話をしてきたときは、怪しいと思えるように意識しておきましょう。

手数料が引かれている

「手数料という項目で高額な金額が減算されていた」という手口もあります。

引き渡した後に振り込まれた金額が低いなんてことがあったらショックですよね。

これを買取業者に問い合わせると、

明細を見てみてください。また、手数料に関しては売買契約書に書いてありますよね。

という回答をされて「ちゃんと読まずにサインしてしまったから。」と泣き寝入りしてしまう可能性が高いです。

売買契約書は、買取業者にとって有利にはたらくよう、作られていることがあるので契約時はしっかり読んで手取りの金額も確認しておくようにしましょう。

車を引き取られたのに入金されない

「車が引き取った後に入金しない」という大胆な手口もあります。

この場合、そもそも詐欺目的で買取業者を装っているため、タチが悪いです。

騙されてしまわないためにも、会社の情報を調べて、情報が全然出てこない場合などは避けるようにしましょう。

虚偽の説明をして売買契約させる

本来、中古車買取の取引はクーリングオフ対象外ですが、「何かあったらクーリングオフしてください。」と言ってそのまま売買契約させる手口もあります。

他の買取業者で査定して高額だったからクーリングオフしてそっちで売却しよう。

とキャンセルを申し出た時に、証拠がないのをいいことに「クーリングオフは対象外です。」と突っぱねられてしまいます。

そもそも、中古車買取での取引はクーリングオフ対象外であることを知っておけば、この手口を避けられるので、頭に入れておきましょう。

このように、車買取でもあらゆる手口で詐欺・詐欺まがいなことの事例が報告されています。

一括査定サイトMOTAでは、以下のように安心できるポイントが3つあります。

  • 引き渡し翌日まではキャンセル料なしでキャンセル可能
  • 買取業者の都合による減額ができない
  • 買取金額の下限が定められている

「引き渡し翌日までキャンセル料なしでキャンセル可能」という項目に関しては、規約をご紹介しましたが、査定額の減額などの対策についても、以下のような規約が設けられています。

入札下限金額以下での買取の禁止(第5条1項&3項)
詳細:ユーザー(売主)が登録した売却対象車両の情報と査定した実車に大きな相違が無いにも拘わらず、加盟店都合で減額することを禁止する。原則入札金額の下限金額以上で買取りするものとする。

「MOTA車買取」規約改定のお知らせ

ユーザーを守ってくれる仕組みがMOTAには備わっているので、安全な取引が可能です。

査定も無料でできるので、MOTAで査定してみましょう。

車買取詐欺に遭ったらとるべき行動

車買取詐欺に遭ったらとるべき行動

車買取の取引において、詐欺にあったと感じた場合は、以下の行動を取りましょう。

  • 警察に相談する
  • 録音などで証拠を残しつつ買取業者に問い合わせる
  • 一般社団法人日本自動車購入協会に相談する
  • 国民生活センターに相談する

詳しく解説していきます。

警察に相談する

詐欺は立派な犯罪行為ですので、まずは警察に相談しましょう。

録音などで証拠を残しつつ買取業者に問い合わせる

買取業者に電話で問い合わせると、ボロを出す可能性があります。

このような証拠を残しておくことで、詐欺であることの証明に繋げられる可能性があるのです。

詐欺にあった時は、感情的になってこのような対策が取れない方も多いですが、こういう時こそ冷静さが重要です。

録音データは、誤消去などで紛失しないようにバックアップをとっておきましょう。

一般社団法人日本自動車購入協会に相談する

まずは、以下のような組織を頼りましょう。

一般社団法人日本自動車購入協会とは、自動車買い取り業界の健全化を進めるために活動しており、車買取に精通したスタッフにトラブルについて相談できる仕組みをもつ組織です。

通話料も無料なので、困った時は真っ先に相談しましょう。

電話番号
0120-93-4595(平日9:00〜17:00)

国民生活センターに相談する

国民生活センターに相談してみるのも一つの手です。

各自治体に設けられているため、お住まいの自治区の国民生活センターに電話をかけてみましょう。

一般社団法人日本自動車購入協会の方が車取引に精通しているため、「こちらへの電話でも解決しない場合は、国民生活センターに電話する」という流れがおすすめです。

車買取で詐欺に遭いたくない人がよくする質問

車買取で詐欺に遭いたくない人がよくする質問

車買取する人のよくある質問にお答えしていきます。

車を即日買取してもらうには何が必要ですか?

即日で買取してもらうためには、以下のような書類が必要です。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書

二重査定は違法ですか?

結論、違法ではありません。

二重査定(瑕疵担保責任)とは、売買契約成立後に車の傷やヘコミ・故障が見つかって、買取額を減額することです。

悪意の無い売り主が減額を提示されて、キャンセルを申し出た時に売買契約の内容にある違約金が請求されてしまい、トラブルに発展するケースもあります。

車買取で希望額を聞かれたらどう答えればいいですか?

相場金額よりも少し高い金額を伝えましょう。

それよりも低い金額を伝えてしまうと、低い金額に少しプラスしただけの金額で買い取りされてしまう可能性があります。

また、相場金額は、一括査定サイトなどで把握できます。

MOTAの場合は買取業者に査定して貰う前に複数の買取業者の査定金額がWEBで確認可能なので、おすすめです。

再査定とはどういう意味ですか?

二重査定と同じ意味です。

二重査定(瑕疵担保責任)とは、売買契約成立後に車の傷やヘコミ・故障が見つかって、買取額を減額することです。

悪意の無い売り主が減額を提示されて、キャンセルを申し出た時に売買契約の内容にある違約金が請求されてしまい、トラブルに発展するケースもあります。

ビッグモーターでニュースに出るような車買取の詐欺トラブルってありましたか?

2023年に不祥事が明るみとなったタイミングで、朝日新聞のサイトに以下のような記事が出ました。

【ビッグモーター、車買い取りでもトラブル。元店長「難癖つけて減額」】

二重査定(瑕疵担保責任)を利用して、減額するなど悪質な対応があったようです。

これに関しては、NPO法人「埼玉消費者被害をなくす会」が修正を求めていたため、現在では同じことは無いと思いますが、不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ガリバーは車買取で評判が悪いと聞いたのですが、トラブルの事例はありますか?

ガリバーの車買取に関する口コミとして、以下のような声がありました。

売却する側からすると、という行為は不安があると思います。

他の買取業者で査定されないようにする為の手段として、「車を置いていくと査定額を高くする」施策を行っているのかと思います。

しかし、後から「傷が見つかったので減額です。」ともし言われたら傷を付けられたと思ってしまっても仕方ありません。

トラブル防止のためにも、車は置いていかないようにしましょう。

まとめ:車買取詐欺を避けるために一括査定サイトMOTAを利用しよう

車買取をする場合、MOTAには以下のような規約でユーザーが守られているので、安心です。

ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止(第6条2項&3項)
詳細:売買契約後であっても車両引き取り日の翌日まではユーザー(売主)の希望があれば売買契約の解除を行うことができる。また売買契約の解除に伴い、買取店(買主)はユーザーにキャンセル料等の請求は出来ないものとする。

MOTA利用規約改定箇所

入札下限金額以下での買取の禁止(第5条1項&3項)
詳細:ユーザー(売主)が登録した売却対象車両の情報と査定した実車に大きな相違が無いにも拘わらず、加盟店都合で減額することを禁止する。原則入札金額の下限金額以上で買取りするものとする。

「MOTA車買取」規約改定のお知らせ

査定も無料でトラブル時のキャンセルリスクもかなり低いので、ぜひご利用ください。

この記事を読んだことで、「安心して車取引ができた!」という方がいらっしゃれば幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次