MENU

【体験談あり!】MOTAで売却する3つのデメリット!他社と比べた時の意外な結果を公開!

MOTAの【デメリット】 他社との違いは?

この記事にはプロモーションが含まれています。

「MOTAを使いたいけど、デメリットがあるかどうか気になる」

「他の会社と比較して、MOTAが良いかどうか見極めたい」

「ぶっちゃけMOTAは、デメリットとメリットどっちが上回っている?」

この記事では、MOTAに関するデメリットと選んで良い会社かどうかを解説していきます。

以下の表は、MOTAとMOTA以外の一括査定サイトのデメリットを比較したものです。

スクロールできます
項目MOTAカーセンサーCTN車一括査定カービュー
電話がしつこい最大でも3社のみ電話が多い3社のみ電話が多い
ビッグモーターが入札してきた提携提携提携なし提携
キャンセル料がかかった引き渡し日翌日まで無料買取業者による買取業者による買取業者による
見積もり業者が少なかった約900社1,000店以上約600店舗300店以上
ポイント・電話がくるのは3社のみ
・キャンセルリスクが低くて安心
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる・電話がくるのは3社のみ
・独自の審査を通過した安心の買取業者
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※複数の電話番号を利用している買取業者もあります。

MOTAは電話がくるのが、最大でも査定額上位3社のみであったり、キャンセルをする時のリスクが低かったりなど、優れた点が多いです。

当記事でMOTAについて詳しく知って、MOTAの一括査定を使うことで、期待以上の金額での売却ができれば幸いです。

目次

実体験!MOTA車買取の流れで私がデメリットに感じたこと3選

筆者である私自身が車を買い替えることになったため、車の売却をするためにMOTAを利用しました。

ここでは、実体験をもとに私が査定する時に感じたデメリットを3つご紹介していきます。

私がデメリットに感じたことは、以下の3つでした。

  • 車の情報を見に行かないといけなかった
  • 写真を撮るのが難しかった
  • ローンの残債確認が面倒だった

詳しく解説していきます。

車の情報を見に行かないといけなかった

以下の画像は、無料査定の申し込みをする時に必要な「お車情報」を実際に入力している画面です。

以下の情報の入力が必要です。
・年式
・グレード
・車体色
・事故歴
・走行距離
・売却希望時期
引用:MOTA公式サイト

私の場合、走行距離がハッキリしなかったため、車までメーターを見に行く必要がありました。

査定申し込み当時は就寝前で寝室に居たので、車まで見に行くのが少し面倒に感じたのが正直なところです。

ここにある項目は、「だいたいでも大丈夫」という記載があります。
そのため、登録時はざっくりで入力して、買取業者とやり取りする時にちゃんとした情報を伝えられれば問題ありません。

写真を撮るのが難しかった

MOTAの無料査定申込後、実際に買取業者とのやり取りをするのは翌日の18:00以降です。

それまでの間、車の状態をMOTAに登録して事前に買取業者が確認できるようにしておくことで、ネット上で出る査定額と最終的な査定額をより近づけられます。

恥ずかしながら私の車には丸で囲っているところにヘコミがあるので、該当箇所の写真を撮ったのですが、光の反射が原因でうまく撮れなかったため、何度も取り直しました。

私の車のヘコミが上手く撮れなかったことを表す写真

意外と車の状態が伝わる写真を撮るのは難しいと感じたため、デメリットとしてあげました。

ローンの残債確認が面倒だった

車を査定してもらう時、買取業者は少しでも安く買取るために、いくらなら買取できるか以下のように探ってきます。

ちなみに売却はいくらで考えていますか?

この時、ローンの残債が分からない状態で金額を伝えてしまうと、最悪の場合「残債精算できない金額で売ってしまった。」なんてことになりかねません。

そのため、私はオートローンを一括精算するためには、いくら必要か確認するために問い合わせをしました。

しかし、仕事などでタイミングがなかなか合わず、確認できるまでに3日ほどかかってしまったので、

車を売るときに必要な情報を集めるのも少し面倒だな。

と感じました

ただ、一括査定せずに店舗に持ち込みすると、数万円〜数十万円安い金額で売ることになる可能性もあります。

そう考えると、これだけの手間で高く売れるのは、嬉しいポイントです。

アンケート実施!MOTAで車買取した人が感じたメリット・デメリット

今回、MOTAで実際に車買取した人が感じたメリット・デメリットのアンケートを実施しました。

さっそく、質問と回答をご紹介していきます。

アンケート回答者:20代男性

売却時期はいつ頃ですか?

2024年1月です。

MOTAで査定する決め手となったことは何ですか?

インターネット広告で電話の制限があることに惹かれてMOTAの利用を決めました。

MOTAを利用して良かったことを教えて下さい。

過去に、ナビクルに登録したことがありましたが、そのときには大手から聞いたことの無い車屋などといった多くの会社から連絡がありました。

実際、その時には何社から連絡がきたかわからないくらいの社名を聞いた記憶があります。

着信件数も、毎日10件以上とかかっており、本当に登録したことを後悔していました。

今回、MOTAの広告をみて、査定額上位3社からしか連絡が来ないとあったので半信半疑で登録をしてみました。

実際には、ナビクルとは違い登録してすぐに連絡がくるのではなく、メールにて『○○様の愛車に入札がありました』とメールにて知らせてくれます。

そちらのメールに『上位3店舗に選ばれた買取店から連絡がきます』と記載してあり、連絡がくる車屋さんの名前と日にちが明確に書いてあったため、安心して連絡を待つことが出来ました。

MOTAを利用してデメリットに感じたことは何ですか?

デメリットだと感じた事は、入札上位3社の中に知っている企業が1社しかなく、金額の妥当性に不安を感じたことです。

『買取店から連絡がきます』とメールが入った後に、すぐ現車確認の日程調整の連絡を頂いたのですが、地方に住んでいたせいか名の知れた業者は1社だけで、あとの2社は知らない業者でした。

実際に現車確認して頂きましたが、その場で○○万円ですと伝えてくれるのではなくて、相場の話をされて、こちらの希望金額を聞かれて、『いや、さすがにその金額は高すぎます』みたいなことを言われて結局明確に『自社の査定額は○○円です』と言われないまま査定が終了していました。

最終的に、感じのよかった3社目の車屋さんに売却を決めましたが、3社だけで本当に決めてよかったのかな?とすこし疑問が残る売却でした。

ディーラーで査定しましたか?査定した場合、MOTAでの査定額との差額を教えて下さい。

20万円弱です。

MOTAで査定して、売却までかかった期間を教えて下さい。

1ヶ月程でした。

【アンケート収集方法:クラウドワークス

デメリットとして挙げられていた、「査定額を明確に聞けなかった」ことに対しての対策は、複数の買取業者を同じ時間、同じ場所に呼ぶことです。

買取業者は、車を安く買取るほど売却した時の利益が上がるため、最初に安い金額を提示して、他の買取業者の様子を見ながら査定額を上げていくところが多いです。

しかし、他の買取業者と同時に査定してもらうことで、ライバルに負けないようにと価格競争が起こるため、最初から高額の査定額を提示してくれます。

この同時査定は、嫌がる買取業者もあるため、事前に他の買取業者が来る旨も伝えておきましょう。

アンケート回答者:30代後半男性

MOTAで査定する決め手となったこと

上位3社のみからの連絡で、煩わしい電話が少なくなると考えたため。

MOTAを利用して良かったこと

利用して良かったと感じたことは2つあります。
1つは値段に満足したことです。事前にディーラーでの下取り査定額130万円に対して、150万円で売れれば満足と考えていた。当日MOTAで選出された3社に同時に査定をしてもらうことで、結果179万円で売ることができました。

予め選出された上位の3社で競い合ったからこそ出た結果だと考えています。もしカーセンサーなど他の一括査定サイトで自身で3社を選んで同じように競い合ったとしても、同様の結果は出なかったと思います。


2つ目は電話での煩わしいやりとりや営業電話が最低限であったことです。

選ばれた3社からの連絡のみであったため、自身で査定をお願いする会社を選ぶ時間を削減することができました。

MOTAでの査定前にカーセンサーで一括査定依頼をしたら、仕事中にも関わらずものすごい量の電話が来てどこの会社にするか選ぶどころではなかったので、最初からMOTAを利用しておけば良かったと後悔があった。

MOTAを利用して微妙だと思ったこと

基本的にMOTAの利用について満足しているが、強いて微妙だと感じた点を挙げるなら2点あります。


1つ目は、選ばれた3社といえど高頻度で各会社から電話が来ることです。

仕事中に電話が取れずに、仕事終わりに着信履歴を確認すると何回も各社から電話が入っており、少し不快な気分になりました。3社に絞られたことでの煩わしさ低減を推しているなら、もう少し落ち着いて電話をしてきて欲しかった。


2つ目は上位3社が自分の地区では何社の中からどのように選ばれたのか過程があまり見えないので、本当に信頼していいのかわからなかったことです。

最初にメールで査定結果を提示された金額の幅も各社でばらつきがあり、どのような過程で選ばれた3社なのかもう少し詳細に知りたかった。(何件の会社の中から各社がこのように金額を提示し、この3社が選ばれたのように)

ディーラーで査定した場合は、ディーラーの査定額とMOTA査定額の差額

ディーラー:130万円
MOTA:179万円
差額:+49万円

MOTAで査定して売却までかかった期間

査定依頼から3日程度。
水曜にネットで査定依頼。
木曜に結果が出る。
金曜に現車確認⇨即日売却
10日後に振り込み。

【アンケート収集方法:クラウドワークス

この方は、ディーラーよりも49万円高く売却できたという結果を得られたようです。

ただし、MOTAでは他の一括査定サービスよりも電話の量が減らせるメリットがありますが、買取業者によっては多数の電話を掛けてくるケースもあります。

そこも踏まえたうえで、利用するようにしましょう。

MOTA車買取で他の利用者が感じたデメリット5選

MOTA車買取で利用者が感じたデメリット5選

MOTAの車買取を実際に利用した利用者が感じたデメリットをご紹介していきます。

利用者が感じたデメリットとして挙がってきたが、以下の5つでした。

  • 結局電話がしつこい
  • ビッグモーターが入札してきた
  • キャンセル料がかかった
  • 最終的な金額が低かった
  • 買取業者が少なかった


それぞれ解説していきます。

結局電話がしつこい

MOTAは、「他の一括査定と比べると営業電話が少ない」ことを売りにしています。

それなのに電話が多いと言われている理由は、電話を掛けることが許されている業者が何度も電話をしてくる為です。


MOTAには、以下のような仕組みがあります。

MOTAの仕組み

査定額が高い上位3社だけが一括査定をした人に連絡をすることが許されている。


この上位3社の中に電話がしつこい買取業者が居たとしたら、その買取業者は電話に出るまでしつこく掛けてきます。


この場合の対処法は、一度電話に出て以下のように伝えましょう。

一度検討して、お願いする時は折り返します。


このように伝えることで、電話はピタリと止みます。


逆に無視をすると、延々と掛かってきてしまうので、

面倒だし、もうやめようかな。


という気持ちになってしまうので、面倒ですが一度は電話対応をしましょう。

電話をしつこくかけてくる買取業者に対しては、一度電話に出て、もう掛かってこないように対処しましょう。

ビッグモーターが入札してきた

2023年に深い闇が公になったビッグモーターですが、2024年1月現在も車買取を行っています。


現在は、MOTAに限らず多くの一括査定サイトがビッグモーターと提携しています。


当然ですが、買取業者の中にビッグモーターが入ってきたことにより、不信感を抱いている方が多いのも現実です。


逆に、肯定的な考え方のいらっしゃいました。


抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、目的はあくまで車を高く売ることです。


この目的を果たすためには、査定だけでもしてもらうことをおすすめします。

ビッグモーターに売却することに不安を感じてしまう方は、減額されないように書面で誓約書などを作成することをおすすめします。

キャンセル料がかかった

MOTAを利用した方の中には、

キャンセル料がかかってしまった。


という方もいらっしゃいます。


MOTAでキャンセル料を請求される状況になってしまうのは、以下の規約のとおり、引き渡し日の翌日以降です。

ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止(第6条2項&3項)
詳細:売買契約後であっても車両引き取り日の翌日まではユーザー(売主)の希望があれば売買契約の解除を行うことができる。また売買契約の解除に伴い、買取店(買主)はユーザーにキャンセル料等の請求は出来ないものとする。

MOTA利用規約改定箇所


他の一括査定サイトは、基本的にこのような規約がありません。


MOTAは、査定利用者を引き渡しの翌日まで守ってくれるので、安心して利用ができます。

引き渡しの翌日以降のキャンセル料に関しては、買取業者によってきますので、その時は買取業者に問い合わせするようにしましょう。

最終的な金額が低かった

MOTAを利用して、

最初の査定額よりも最終的な金額が低くなった。

という方もいらっしゃいました。


その理由としては、一括査定の時点では傷などの細かい情報が分からないため、買取業者も確実な買取価格を出すことが困難だからです。


最終的な査定金額が下がらないために、やっておくべきことが以下の2つがあります。

  • 車両登録の任意項目を入力する
  • 車両の傷などの写真を登録しておく


任意項目とは、車種や年式・走行距離などの基本情報以外の細かい項目のことです。

また、写真は車両の写真は、最大6枚まで登録することができます。

最終的な査定額にガックリしないためにも、できるだけ細かく入力することを意識しましょう。

買取業者が正しい査定額を出せるためにも、なるべく多くの情報を伝えることが大切です。

買取業者が少なかった

MOTAの利用者の声として、

最大20社に査定してもらえると思ったのに、2社だけだった。


という方もいらっしゃいます。


査定してくれる買取業者が少ない理由は、車種や提携している買取業者の数が地域によって異なるためです。

買取業者が少ない場合は、他の一括査定サイトを利用するしかありません。

以下の表におすすめの一括査定サイトと特徴をまとめました。

おすすめの一括査定サイトおすすめポイント
カーセンサー・提携店舗数が1,000店以上
CTN車一括査定・提携店舗数が約600店舗
・電話をしてくるのが査定額が高い3社だけ

注意点としては、カーセンサーには電話の制限がほぼ無いところにあります。

カーセンサーで査定をする場合は、多数の電話がかかってくることを覚悟してから登録するようにしましょう。

地域によって買取業者の提携数が少ない場合があります。
この場合は、他の一括査定サイトでも査定するようにしましょう。

MOTA車買取デメリットを他社のデメリットと徹底比較

MOTA車買取デメリットを他社のデメリットと徹底比較

MOTAで車買取をする際のデメリットを

他の一括査定サイトのデメリットと比較したらどうか?

以下の表は、MOTAで車を一括査定するデメリットとして挙がってきた項目を他の一括査定サイトと比較したものです。

スクロールできます
項目MOTAカーセンサーCTN車一括査定カービュー
電話がしつこい最大でも3社のみ電話が多い3社のみ電話が多い
ビッグモーターが入札してきた提携提携提携なし提携
キャンセル料がかかった引き渡し日翌日まで無料買取業者による買取業者による買取業者による
見積もり業者が少なかった約900社1,000店以上約600店舗300店以上
ポイント・電話がくるのは3社のみ
・キャンセルリスクが低くて安心
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる・電話がくるのは3社のみ
・独自の審査を通過した安心の買取業者
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※複数の電話番号を利用している買取業者もあります。


このように、それぞれの一括査定サイトによって特徴や提携している買取業者が異なります。

MOTAでよく聞くデメリットは、他の一括査定サイトと比べたら優れている点が多いです。

電話の数に制限があって、キャンセルリスクが低い方が安心!という方にはMOTAがおすすめです。

口コミから分かる!MOTA車買取でよく聞くデメリットに勝るメリット

MOTA車買取でよく聞くデメリットに勝るメリット

MOTAの車買取を利用したときのメリットは、以下の4つがあります。

  • 業者の電話制限がある
  • 買取店が競争してくれる
  • キャンセルのリスクが低い
  • 加盟店の評価が見れる


それぞれ、詳しく解説していきます。

業者の電話制限がある

MOTAの一番のメリットは、電話を掛けることが許されている業者が最大でも査定額の上位3社に絞られるところです。

他の一括査定サイトで査定に出した場合、電話を掛けてくる買取業者の数は倍以上あります。

そのため、次々と買取業者から電話が掛かってくるので、

電話が色んなところから掛かってきて嫌になってきた。


と感じてしまう方も多いようです。

それがMOTAであれば、最大でもたった3社※なので電話に追われるというストレスがありません。

前述しましたが、しつこく電話をしてくる買取業者が居た場合は、一度電話に出て

一度検討してお願いする時は折り返します。


とお伝えして、しつこい電話がこないようにしましょう。

MOTAは、最大でも査定額上位3社にのみの買取業者に連絡をすることが許されているため、他の一括査定サイトよりも電話の数が少ないところが嬉しいポイントです。

また、その3社の中に電話がしつこい買取業者がいた場合は、一度電話を受けて折り返す旨を伝えるようにしましょう。

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※異なる電話番号でのご連絡がございます。

買取店が競争してくれる

MOTAでは、買取業者で買取価格の競争をしてくれるので、

何もしてないのに、勝手に査定額が上がってる!

なんてことも多々あります。

買取業者からしたら厳しい争いですが、査定してもらう側からしたら嬉しいですよね。

このとき、正しい査定額で買取価格を競ってもらうためにできることは以下の2つしかありません。

  • 任意項目をしっかり入力すること
  • 買取業者が競っているのを待つこと

特に、任意項目をしっかり入力することで、競ったあとの最終的な査定額が下がるリスクを抑えることができます。

任意項目は、査定が始まった後でも入力が可能です。

できるだけ漏れがないように入力するようにしましょう。

キャンセルのリスクが低い

MOTAの場合、以下の規約にもありますが、売却契約を結んだ後でも車両の引き渡し日翌日までは解約金なしでのキャンセルが可能です。

ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止(第6条2項&3項)
詳細:売買契約後であっても車両引き取り日の翌日まではユーザー(売主)の希望があれば売買契約の解除を行うことができる。また売買契約の解除に伴い、買取店(買主)はユーザーにキャンセル料等の請求は出来ないものとする。

MOTA利用規約改定箇所

この規約改定が入ったことで、

買取業者とやりとりしたけど、条件が合わなかったからキャンセルしたい。

となった場合でも安心してキャンセルをすることができます。

他の一括査定サイトの場合は、このような規約がないため、キャンセルが可能かどうかは買取業者によります。

このようなリスクが低いところも、MOTAのおすすめポイントです。

MOTAを通して取引をした場合、引き渡しの翌日まではキャンセルが可能です。

「買取業者とやりとりしたけど、条件が合わなかった。」という時でも安心ですね。

加盟店の評価が見れる

MOTAでは、実際に車を売却した方が登録した買取業者の評価が見れます。

いくら査定額が高くても、大きな額が動く取引なので評判だって気になりますよね。

評価を見ずにその業者を選ぶと、対応が悪くてトラブルに発展する可能性もあります。

この買取業者の対応が悪すぎたから違う業者にお願いすれば良かった。

と後悔してしまう方もいらっしゃいます。

のうように、後悔をしないためにも必ず評価を確認するようにしましょう。

実際にMOTA経由で利用した方の買取業者の口コミは、とても貴重な判断材料なので、必ず目を通しておきましょう。

口コミから分かる!MOTAの車買取でデメリットを感じなかった利用者のエピソード

MOTAの車買取でデメリットを感じなかった利用者のエピソード

MOTAの車買取で大きなメリットを感じた利用者のエピソードをご紹介していきます。

今回は、以下のラインナップです。

  • しつこい電話を止めれば最高だった
  • 約30万円もプラスになった


それぞれ詳しく見ていきましょう。

しつこい電話を止めれば最高だった

私は、MOTAが他の一括査定サイトと違って買取業者からの電話が少ないところを売りにしていたので、登録をしてみました。

登録をして、買取業者に情報が開示される翌日の18:00になった途端、電話が何回も鳴り始めました。

電話があまりこないなんて嘘じゃん。

と思いましたが、着信履歴を確認したところ、ほとんどの着信が同じ番号からでした。

そこで、一度電話に出て

一度検討してお願いする時は折り返します。

伝えたところ、電話はピタリと止まったのです。

その後、査定額や評価をじっくりと確認して決めた買取業者に折り返しの電話をかけて、無事に期待以上の買取価格で売却することができました。

他の一括査定サイトの場合、

電話に出て折り返す旨を伝えても、今度は違う業者から電話がかかってくる。

という状況に陥りやすいです。

だからこそ、最初から最大でも査定金額上位3社までという電話制限が設けられているMOTAは、かなり使いやすいと感じました。

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※異なる電話番号でのご連絡がございます。

約30万円もプラスになった

以下のように、MOTAを利用したらディーラーよりも約30万円高く売れたという声があります。

ディーラーで車を購入する場合、乗り換え前の車をかなり下取りに出すように促してきます。

何も知らずに、そのまま購入手続きを進めてしまうと、数十万円損をしてしまう可能性があるのです。

もし、ディーラーで車を下取りに出して新しい車を購入する手続きをしてしまっている方は、

やはり下取りをやめたいのですが、まだキャンセルはできますか?

と問い合わせして、一括査定サイトで査定するようにしましょう。

MOTA車買取をするうえでの本当のデメリット

MOTA車買取をするうえでの本当のデメリット

MOTAで車買取するうえでの本当のデメリットを以下の2つご紹介していきます。

  • 地域によって買取業者がいない可能性がある
  • 電話が少ないことにもデメリットがある

それぞれ詳しく解説していきます。

地域によって買取業者がいない可能性がある

地域によっては、MOTAと提携している買取業者が少ない可能性も考えられます。

もし、車への入札が少なすぎる場合は、提携している店舗数が多い一括査定サイトに登録してみることをおすすめします。

ただし、MOTAよりも買取業者が多い一括査定サイトは、電話の制限がありません。

以下の表は、MOTAの他におすすめの一括査定サイトです。

おすすめの一括査定サイトおすすめポイント
カーセンサー・提携店舗数が1,000店以上
CTN車一括査定・提携店舗数が約600店舗
・電話をしてくるのが査定額が高い3社だけ

カーセンサーは、電話が多数かかってくる可能性がありますので、少し覚悟をしてから査定することをおすすめします。

CTN車一括査定サイトは、電話してくるのがMOTAと同じで査定額が一番高い3社だけなので、電話の数は本当に少ないです。

もし、電話が少ないCTN車一括査定サイトで一括査定をして、それでも提携している買取業社がいなかった場合は、カーセンサーを利用しましょう。

電話が少ないことのデメリット

MOTAのメリットは、買取業者から電話が掛かってくる数が査定額上位3社のみです。

ただ、査定額上位3社以外の買取業者の方が、最終的な金額が高くなる可能性が0ではありません。

そのため、

とにかく1円でも高く売りたい。

という方にはMOTAは不向きかもしれません。

そんな方は、30社同時に比較をしてくれるカーセンサーがおすすめです。

電話数が多くて対応は大変ですが、徹底的に比較することができます。

MOTA車買取の良さをデメリットにしたくないユーザーのよくある質問

以下は、MOTAでの査定を考えている方のよくある質問です。

  • MOTAの車買取はキャンセルできますか?
  • MOTAで査定だけすることは可能ですか?
  • 車一括査定はやめたほうがいいと聞きましたが本当ですか?
  • MOTAでの車買取はビッグモーターからも入札があると聞きましたが本当ですか?
  • MOTAで車買取する前に知恵袋も参考にすべきですか?
  • 車査定サイトのMOTAでは何社が買い取っていますか?
  • 車買取で希望額を聞かれたらどう答えればいいですか?
  • 車を査定する時は綺麗にした方

ひとつずつ丁寧に解説していきます。

MOTAの車買取はキャンセルできますか?

結論、可能です。

車を売却する時は、トラブルが起こりやすく、国民生活センター消費者庁でも注意喚起されています。

このようなトラブルを未然に防ぐために、MOTAには「ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止」という規約があります。

ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止(第6条2項&3項)
詳細:売買契約後であっても車両引き取り日の翌日まではユーザー(売主)の希望があれば売買契約の解除を行うことができる。また売買契約の解除に伴い、買取店(買主)はユーザーにキャンセル料等の請求は出来ないものとする。

MOTA利用規約改定箇所

この規約を完結にまとめると以下の2つの効力があります。

  • 車両引取日の翌日まで売り主の希望があれば、売買契約を解除できる。
  • 買い主はユーザーにキャンセル料等の請求はできない。

一括査定サイトによっては、売買契約後のキャンセル可否やキャンセル料は買取業者に委ねているところもあります。

そのため、キャンセルができなかったり、高額なキャンセル料が請求されてしまうケースもあるのです。

一方、MOTAであれば、このようなトラブルに遭う心配はしなくても良いので、安心して利用できます。

車一括査定はやめたほうがいいと聞きましたが本当ですか?

結論、一括査定サイトは価格競争が起こって高く売れる可能性が高いため、利用すべきです。

「一括査定サイトはやめた方が良い」と言われている理由として代表的なのが、買取業者からの電話が多数掛かってくるという点にあります。

一括査定サイトによっては、不特定多数の買取業者から掛かってきて、それがストレスに感じてしまう方もいらっしゃいます。

一方、MOTAでは最大でも査定額上位3社の買取業者からしか電話が掛かってきません。

3社に満たない場合や1つの同じ買取業者でも複数の電話番号から掛けてくる場合もありますが、電話を止める時は、3社にだけ

依頼する時はこちらから電話します。

と伝えるだけで大丈夫です。

しかし、MOTAのように「最大でも3社からだけ電話が掛かってくる」という制限がない一括査定サイトでは、この対応を不特定多数しないと電話を止められません。

このように、電話を掛けてくる買取業者数の制限がない一括査定サイトを利用して、登録したことを後悔したことで、一括査定サイトは使わないほうが良いと言われているのです。

続いて、一括査定サイトを利用すべき理由をお伝えします。

一括査定を使わずに買取業者の店舗で査定してもらった場合、ライバルがいないため、余力があるのにも関わらず低い査定額を出されることがあります。

そして、一括査定サイトでは、買取業者同士が価格競争をするため、利用しない場合と比べると数万円〜数十万円も高く売れる可能性高いです。

一括査定サイトは、電話の手間を掛けただけで高く売れる可能性が高まるので、売却する時は利用をおすすめします。

MOTAでの車買取はビッグモーターからも入札があると聞きましたが本当ですか?

結論、本当です。

MOTAとビッグモーターは提携しています。

また、ビッグモーターの不祥事が2023年に発覚してからというもの、不信感を抱く方が増えています。

そんな中で、MOTAであれば、前述したキャンセルリスクの低さや以下のように「理不尽な減額を禁止する」規約があるため、安心です。

入札下限金額以下での買取の禁止(第5条1項&3項)
詳細:ユーザー(売主)が登録した売却対象車両の情報と査定した実車に大きな相違が無いにも拘わらず、加盟店都合で減額することを禁止する。原則入札金額の下限金額以上で買取りするものとする。

「MOTA車買取」規約改定のお知らせ

MOTAであれば安心して取引できますし、目的はあくまで高く売ることなので、査定額が一番高ければ売却しましょう。

MOTAで車買取する前に知恵袋も参考にすべきですか?

結論、参考になる口コミも多数あるため、見てみると良いです。

車売却にあたって知っておいたほうが良い知恵袋の口コミなど、以下の記事まとめましたので、気になる方はぜひご覧ください。

車査定サイトのMOTAでは何社が買い取っていますか?

2024年5月現在、約900社が買取を行っています。

車買取で希望額を聞かれたらどう答えればいいですか?

結論、MOTAに登録した翌日18時以降にマイページから確認できる査定額の中で一番高い金額を伝えると良いです。

この査定額は、ご自身の愛車の相場であるため、これを伝えておけば確実です。

また、最高額よりも少しプラスの金額を伝えることで、査定額がアップする可能性もありますので、ぜひお試ししてみてください。

MOTAで査定だけすることは可能ですか?

結論、可能です。

実際に査定してもらって、買取業者とやり取りしたうえで、条件が合わかった場合はキャンセルが可能なので、ご安心ください。

車を査定する時は綺麗にした方がいいですか?

結論、査定前に綺麗にした方が良いです。

ものを売るときの基本ですが、綺麗にしているだけで査定額が上がる可能性があります。

また、査定額を出すのは人であるため、綺麗にしておいた方が評価も高くなります。

査定額を最大化するためにも、査定前に洗車を行うなどしておきましょう。

まとめ:MOTAの車買取はデメリットよりメリットが多くておすすめ

まとめ:MOTAの車買取はデメリットよりメリットが多くておすすめ

一括査定サイトの中でおすすめなのがMOTAです。


MOTAには以下のように、今までの一括査定サイトには無いメリットがあります。

スクロールできます
項目MOTAカーセンサーCTN車一括査定カービュー
電話がしつこい最大でも3社のみ電話が多い3社のみ電話が多い
ビッグモーターが入札してきた提携提携提携なし提携
キャンセル料がかかった引き渡し日翌日まで無料買取業者による買取業者による買取業者による
見積もり業者が少なかった約900社1,000店以上約600店舗300店以上
ポイント・電話がくるのは3社のみ
・キャンセルリスクが低くて安心
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる・電話がくるのは3社のみ
・独自の審査を通過した安心の買取業者
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※複数の電話番号を利用している買取業者もあります。

  • 最大でも査定額が高額な上位3社から電話
  • 引き渡し翌日まではキャンセル料なし


一括査定サイトに登録する時に、多数の電話が掛かってくるので、登録するのに少し勇気が必要です。

ただ、査定は無料です。

また「買取業者とのやり取りをしたうえで、条件が合わなかった。」という場合もMOTAでは翌日までキャンセル料なしで対応してくれます。

車の売却を検討されている方は、ぜひ安心のMOTAを利用してみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次