MENU
もくじ

【不要だった】車を手放してよかったと思える人の特徴!損しない売却方法もご紹介

車手放して良かった! 後悔しない選択

この記事にはプロモーションが含まれています。

「車を手放すと何がいいのだろう。」

「車が無くても生活できるから手放そうかな?」

そう思っている方に向けて、実際に車を手放した方の声をもとにご紹介していきます。

この記事では、「車を手放して良かった人」や「車を手放して後悔した人」のリアルな声をもとにご紹介していきます。

車を手放すかどうかの判断材料にして頂ければ幸いです。

また、手放すとなった場合は、一括査定サイトを利用すれば高額で売却できます。

参考までにおすすめの一括査定サイトとデメリットを比較した表を貼っておきますので、ぜひご覧ください。

スクロールできます
項目MOTAカーセンサーCTN車一括査定カービュー
電話がしつこい最大でも3社のみ電話が多い3社のみ電話が多い
ビッグモーターが入札してきた提携提携提携なし提携
キャンセル料がかかった引き渡し日翌日まで無料買取業者による買取業者による買取業者による
見積もり業者が少なかった約900社1,000店以上約600店舗300店以上
ポイント・電話がくるのは3社のみ
・キャンセルリスクが低くて安心
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる・電話がくるのは3社のみ
・独自の審査を通過した安心の買取業者
・電話は多いが、高く売れる可能性は上がる
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※複数の電話番号を利用している買取業者もあります。

目次

車を手放してよかったと思えた嬉しいメリット

車を手放してよかったと思える嬉しいメリットを4つ紹介します。

  • 家計が楽になった
  • 運転のストレスがなくなった
  • 時間どおりに動くようになった
  • 健康的な生活を送れている

車を手放した際に感じるそれぞれの嬉しいメリットを詳しく解説します。

家計が楽になった

車は車両購入金額以外に、自動車税やメンテナンス代、自動車保険料、その他各種税金などの維持費が必要になります。

年間に負担する車の維持費は車種により異なりますが、最低10万円以上は覚悟しなければいけません。

しかし、車を手放すことで、車の維持費として負担していた費用が削減でき、結果的に家計が楽になります。

1年間に10万円ものお金を節約できれば、貯金や旅行、外食などに使えるお金も今以上に多くなるのが嬉しいポイントです。

運転のストレスがなくなった

運転のストレスとは「車両事故に対するストレス」や「車が故障した際のストレス」などがあげられます。

通勤ラッシュや帰宅ラッシュ時の渋滞は本当にストレスだなあ。

と感じる方も多いのではないでしょうか?

「急がないと。だけど前の車が遅い。」「煽られて怖い思いをした。」というように車社会ならではのストレスがありますよね。

また、故障したときも、修理代の心配や慣れない代車を運転、対応で休みが潰れてしまうなどのストレスもあります。

車を手放すことで、このようなストレスから開放されるのが嬉しいポイントです。

時間どおりに動くようになった

車を所有している場合、集合時間ギリギリで行動しても間に合うことも多いでしょう。

しかし、車を手放した場合、電車やバスの予定時刻を常に頭に入れつつ、動かなければいけません。

  • バスの予定時刻を確認する
  • 電車の予定時刻を確認する
  • 時間までに仕事を終わらせなければいけない

車を手放すことで、「限られた時間内で効率的に動くにはどうすれば良いのか」を頭で常に考える習慣をつけられます。

健康的な生活を送れる

車を手放すことで、目的地までの移動手段は徒歩もしくは自転車、バス、電車などです。

特に徒歩や自転車などで体を動かす行動は、車を所有していた時よりも健康的な生活が送れます。

普段から運動をしない方にとっては、健康面に対しての罪悪感も払拭できるのが嬉しいポイントですね。

歩くことで、効率的なカロリー消費を実現でき、ダイエット効果の期待もできます。

車を手放してよかったと思えなかったデメリット

車を手放してよかったと思えなかったデメリット

車を手放してよかったと思えなかったデメリットを以下に3つまとめました。

  • 買い物が面倒になった
  • 悪天候時が大変
  • 行動範囲が狭くなった

詳しく解説していきます。

買い物が面倒になった

車を手放したことで、デメリットに感じたという声が特に多かったのが「買い物」でした。

特にスーパーへの買い出しは、荷物が多くなってしまうこともあると思います。

そのため、スーパーから自宅までの距離が遠い方は、車を手放さない方が良いかもしれません。

車を手放す前に「私生活への悪影響」を今一度考えてみましょう。

悪天候時が大変

天候が悪い時の移動では、服が濡れてしまったり、常に傘を持ち歩かなければならないなど、不便に感じることがあります。

  • 急に天候が悪化した
  • 外が大雨なのに、駅まで歩いていかなければいけない

このような状況におかれた時、車が無いことがストレスに感じてしまうことがあります。

悪天候時も車が無くてもやっていけそうか、考えるようにしましょう。

行動範囲が狭くなった

車がなくなると、移動手段がバスや電車、自転車などに限定されることで、行動範囲が狭くなりがちです。

特にバスや電車の便が少ない地域に住んでいる場合、移動時間もかかってしまいます。

遠出する場合などは、カーシェアやレンタカーなどのサービスを活用がおすすめです。

カーシェアやレンタカーなどを利用する際は、ひと月あたりの利用頻度が多すぎると、「車を持っていたほうが安かった!」なんてことになりかねないので、ご注意ください。

車を手放してよかったと感じた人の歓喜の声

車を手放してよかったと感じた人の歓喜の声を以下にまとめてみました。

  • 出費が減って楽になった
  • 健康的になった
  • 事故に遭う心配がなくなった

車を手放すことで感じる、リアルな嬉しい声を詳しく解説します。

出費が減って楽になった

以下のように、「出費が減って楽になった。」という声もありました。

車は所有しているだけで、毎月1万円以上の費用が必要になります。

上記、口コミのように毎月35,000円の費用負担が無くなれば、年間で420,000円の節約につながりますね。

健康的になった

以下のように「健康的になった」という声も紹介されています。

社会人の場合、忙しいことで運動の機会が確保出来ない方もいらっしゃると思います。

車を手放すことで、移動手段が徒歩もしくは自転車・バスなどになるため、普段から運動の時間が確保出来ない方でも、自然と健康的な毎日を送れます。

事故に遭う心配が減った

以下のように「車両事故に遭う心配が減った」という声もありました。

車の事故は、自分が気をつけていたとしても、相手が交通ルールを破ってぶつかって来たり、脇見・居眠りしていたりなどで起こることがあります。

安全装備が搭載されている車も多いですが、それでも防げない車両事故は多数あります。

車は、運転しているだけで命に関わる事故に巻き込まれる可能性もあるため、手放すことでそのような心配がなくなります。

車を手放す判断材料の中には、車を売ることでローンが精算できるかどうかも含まれてきます。

MOTAでは、一括査定サイトのデメリットであった「不特定多数の買取業者からの電話」3社のみに制限をかけています。

キャンセルリスクも低く、無料ですので、ぜひ一度査定してみてください。

車手放してよかったと思えない人のリアルな声

車手放してよかったと思えない人のリアルな声

車を手放してよかったと思えない人のリアルな声を3つまとめました。

  • 不便を感じる
  • 時間を気にしないといけない
  • 雨の日が不便になった

それぞれの内容を詳しく解説します。

不便を感じている

以下のように「不便を感じている」という声もありました。

車を手放すことで、以下のようなデメリットが発生します。

  • 買い物の荷物を自分で運ばないといけない
  • 急に車が必要になっても対応できない
  • 休日や祝日は交通手段が混雑する

車を手放すことで確かに年間の維持費や運転に対するストレスは軽減できますが、「利便性が悪い」と感じてしまう方もいらっしゃいます。

車を手放す前に、まずは1ヶ月間車を使わない生活を実践してみることをおすすめします。

時間を気にしないといけない

以下のように「時間を気にしないといけない」という口コミがありました。

公共交通機関は、基本的に1分たりとも待ってくれません。

そのため、移動する時は何時に現在地から出発すれば良いかなど、常に意識する必要があります。

「普段から、時間がギリギリだから不安。」という方は、車を手放すことを考え直した方が良いでしょう。

雨の日が嫌になった

以下のように「雨の日が嫌になった」という声も紹介されていました。

車がない方は、「雨の日の移動が嫌だ。」と口を揃えて言います。

理由は、雨が降ると服が濡れてしまったり、常に傘を持ち歩かなければならないからです。

また、雨の日は公共交通機関も混雑しやすく、車内もジメジメしていることが多いです。

このような、マイナスな声も参考にして、車を手放すかどうかを判断するようにしましょう。

車を手放してよかったと思える結果にするために高値で売却する方法

車を手放してよかったと思える結果にするために高値で売却する方法

車を売却する時、真っ先に思いつくのが、車買取の店舗へ持ち込むことではないでしょうか?

実は、買取するライバルがいないため、その売却方法では相場よりも安い金額を提示されてそのまま売却してしまうケースがあります。

もし、車を高額で売却されたいのであれば、複数の買取業者が査定額を競い合う以下のような一括査定サイトの利用がおすすめです。

スクロールできます
項目MOTACTN車一括査定カーセンサー
おすすめランキング1位2位3位
おすすめ度
電話がくる業者数査定額上位3社査定額上位3社最大30社
電話頻度最大3社のみ最大3社のみ電話が多い
キャンセルリスク引き渡し日翌日まで無料買取業者による買取業者による
査定開始時期登録後翌日18:00登録後即時登録後即時
提携店舗数約900社約600社以上1000店以上
特徴・電話がくるのが3社だけに限られている。
・キャンセルリスクが低くて安心
・電話がくるのが3社だけに限られている。
・独自の審査を通過した安心の買取業者
・圧倒的な提携店舗数のため高く売れる可能性大
・登録直後に買取業者とやりとり可能
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※複数の電話番号を利用している買取業者もあります。

一括査定サイトは、「不特定多数の買取業者から電話が掛かってくる。」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

しかし、「MOTA」や「CTN車一括査定」は、最大でも査定額上位3位の買取業者からしか電話が掛かってこないため、安心して利用できます。※

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※異なる電話番号でのご連絡がございます。

査定は無料なので、高く売却するためにも一度査定してみましょう。

車を手放してよかった人と思ってる人が売却を決意した理由

車を手放してよかった人が決意した理由を3つまとめました。

  • 使用頻度が少ない
  • 家計が圧迫されている
  • 公共交通機関で十分

詳しく解説していきます。

使用頻度が少ない

普段から使用頻度が少ない方のほとんどは、「車がなくても十分に生活できる」という方が多いです。

特に1週間〜2週間にかけて一度も車を使わない方は車を手放すメリットの方が大きいです。

どうしても車が必要だという時は、カーシェアやレンタカーを利用・家族や友人に頼るなどの方法もあります。

車が必要な場面などを思い浮かべて、大丈夫そうなら車を手放しましょう。

家計が圧迫されている

家計が圧迫されている方は、車を手放すことも1つの選択肢です。

  • 子供の学費
  • マイカーローン
  • ガソリン代や自動車保険代
  • 携帯代や住宅ローン

など、家計を圧迫させる要因が人によって様々あります。

まずは、1ヶ月単位でどのような固定費が必要になるのか計算してみることから始めましょう。

公共交通機関で十分

移動手段が公共交通機関で十分という方も車を手放す選択肢をおすすめします。

特に東京や大阪など公共交通機関が発達している地域にお住まいの方は、公共交通機関の車両数、本数が多いことから、

公共交通機関で十分生活できる。

という方も多いです。

このような境遇の方からは、「車を手放して良かった。」という声を聞くことがほとんどです。

もし、同じような境遇なのであれば、手放すことをおすすめします。

まとめ:車を手放してよかったと思える人が取るべき行動

車を手放すと決意した場合は、以下の一括査定サイトを利用して、少しでも高く売却できるように行動しましょう。

スクロールできます
項目MOTACTN車一括査定カーセンサー
おすすめランキング1位2位3位
おすすめ度
電話がくる業者数査定額上位3社査定額上位3社最大30社
電話頻度最大3社のみ最大3社のみ電話が多い
キャンセルリスク引き渡し日翌日まで無料買取業者による買取業者による
査定開始時期登録後翌日18:00登録後即時登録後即時
提携店舗数約900社約600店以上1000店以上
特徴・電話がくるのが3社だけに限られている。
・キャンセルリスクが低くて安心
・電話がくるのが3社だけに限られている。
・独自の審査を通過した安心の買取業者
・圧倒的な提携店舗数のため高く売れる可能性大
・登録直後に買取業者とやりとり可能
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

※車種やエリアにより3社以下の場合もあります。
※複数の電話番号を利用している買取業者もあります。

また、車を手放すか手放さないのか悩んでいる方は、「1週間車を使わない生活」をしてみましょう。

車を使わないことで、いろいろな不都合が必ず出てきます。

車をすぐに手放す選択肢を取るのではなく、じっくり検討することで、後々後悔することも少ないでしょう。

この記事を読んだことで、車を手放すか手放さないかの判断ができた!という方がいらっしゃれば幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次